屋久杉

千年の息吹が聞こえる。屋久島に自生している樹齢1000年以上の杉のみが「屋久杉」を名乗ることができます

屋久杉の製品情報を見る

屋久杉とは

鹿児島市の南方に浮かぶ「世界自然遺産」の島、屋久島に自生し樹齢千年以上経過した杉の大樹のことを言います。1954年に国の特別天然記念物に指定され、一切の伐採が禁止されました。現在使用が許されている屋久杉は、江戸時代に伐採され、今に残る土埋木、倒木、切株のみとなっています。太古の生命を宿し、「神が宿る木」といにしえより崇められている屋久杉の美しさをご堪能ください。

仕上げと品質

古代の歴史と生命力に対する畏敬の念から、最終仕上げの磨きにもこだわりました。専用ワックスで一本一本を丁寧に磨き上げることにより、屋久杉独特の和やかな美しい木目と茶褐色の高級感溢れる光沢が出現しました。正に古代の生命に直接触れているかのような感さえあります。前述の圧密加工によって、強度・靱性・均質性のみならず、木材繊維をそのままの形で残していることから、印章として最も大切な「綺麗な印影」も得ることが出来るのです。
風格、強度、捺印性、全てに優れた木製印章の最高級品と言える存在です。
また、鹿児島県内の専門業者から認定を受けた高品質な屋久杉を使用しています。

圧密加工技術

圧密加工は水と熱と圧力だけで木材を圧縮し、薬品を一切使わずに形状を固定するという特殊技術です。この技術を用いて出来た「圧密材」を原材料とすることで、高強度・高比重で、針葉樹独特の綺麗な年輪目を持つ、上品で味わい深い商品が生まれるのです。

屋久杉印鑑のトレーサビリティ概念図

屋久杉の製品情報を見る

ページの先頭へ戻る

PAGE TOP

キャンペーン実施中
キャンペーン実施中