印鑑登録・印鑑証明

印鑑登録・印鑑証明とは

印鑑登録とは

個人や法人が自分の「ハンコ」を公的な機関に登録する手続きです。
印鑑登録の手続きが済むと「印鑑登録証明書」が取得できます。

印鑑証明とは

正式には『印鑑登録証明書』と呼ばれています。
印鑑証明とは、主に不動産・自動車の売買や公正証書の作成の時に使う大変貴重な証明書で、印鑑証明書とは、登録印鑑が地方公共団体に登録されているものであることを証明するためのものです。

なぜ実印や印鑑証明書が重要?

地方自治体に本人が登録した印鑑だと証明されていることから、『信用できる機関が本人の印鑑であることを保証している』と証明するものだからです。
つまり、信頼できる第3者が本人の印鑑の正当性を保証しているのです。

印鑑登録までの手順

印鑑作製→必要書類を準備→役所に印鑑と必要書類を持参し、印鑑登録をします。
ちなみに印鑑登録された印鑑のことを『実印』と言います。

実印管理の注意事項

  • 実印と印鑑証明書は一緒に置かないこと。
  • 実印を登録した時に渡される印鑑証明カード は、登録した実印と保険証など身分証明書と一緒に置かないこと。
  • 親しい人であっても実印を預けないこと。

印鑑証明書が必要な手続き

  • 不動産の売買のとき
  • 自動車の売買のとき
  • マンションなどの重大な賃貸借契約をするとき
  • 保険金を受け取る時にその届出印がないとき
  • ゴルフ会員権を譲り渡す契約をするとき
  • 公正証書を作成するとき
  • 遺産相続のとき
  • 婚姻契約のとき

…など (※個々の内容で必ずしも印鑑証明が必要とは限りません)

実印紛失時の対処

印鑑登録した市区町村の窓口へ紛失届を提出し、新しい印鑑にて改印届を提出して改印しましょう。
この手続きにより、紛失した印鑑の「実印」としての効力が完全になくなります。この手続きは早急にされることをお勧めいたします。

ページの先頭へ戻る

PAGE TOP

梅雨があけるまでセール ブラストチタンALL30%OFF 期間限定6月10日ごろから7月20日ごろまで