永江印祥堂のグリーン印鑑は国産材の印鑑です

SDGsの目標

あなにもできる身近なSDGs

神楽ひのき

島根県邑智郡美郷町から産出される桧を原材料とし、高級家屋の建材として伐採された木の根元など、未利用材または端材を使用しています。杉や桧は柔らかいため印材には不向きとされていましたが、圧密加工という特殊技術を用いることで、印章に必要な耐久性・捺印性を実現しています。また「島根県産商品によ新事業分析開拓事業者」の認定商品として、島根県からも高い評価を受けています。

智頭杉

鳥取県八頭郡智頭町産の杉材で、その美しい木目は古くから奈良の吉野杉と並んで高く評価されています。その智頭杉の木工加工品を作る際に発生する端材を再利用しており、環境対応型の印材です。神楽ひのき同様、特殊圧密加工を施すことで、柘(旧称:本柘)同等の強度をもち、捺印性にも優れています。

明日桧

明日桧(あすなろ)は、日本原産のヒノキ科アスナロ属の常緑針葉樹です。殺菌力と耐湿性に極めて優れ、腐りにくいという長所があります。また昔から成長を表す木として有名です。木製品は明日桧の未利用材または端材を厳選、特殊圧密加工技術を施しています。木材の温もりと優しい手触り、そして未来への希望が詰まった明日桧の印章を末永くご愛用ください。